レポートタイプ     お問い合わせ・見積り・購入     購入のFAQ
 
2017年 国内の製造/流通分野における第3のプラットフォーム需要動向調査
アナリスト 岩本 直子
プロダクトNo JPJ41776317 発行年月 2017年9月
タイプ Market Perspective 税抜価格 ¥540,000
提供形式

PDF

ページ数 20
※このレポートは、年間情報提供サービス「Japan 3rd Platform by Vertical Market」として発行されています。
※このサイトの商品はすべて税抜き価格です。消費税分は別途請求させていただきます。
 
Abstract:概要 - Table of Contents:目次
Abstract :概要
本調査レポートでは、国内の製造および流通における第3のプラットフォーム関連の支出動向を調査した結果を分析している。製造には、組立製造およびプロセス製造が含まれ、流通には小売および卸売が含まれる。それぞれの産業分野における第3のプラットフォームの市場動向を分析するほか、2つのユーザー企業の事例を取り上げて、企業の事業成長の取り組みに対し、第3のプラットフォームがもたらすインパクトを考察する。
イノベーションアクセラレーターを活用した業務変革や新たな商品やサービスの展開がITバイヤー企業内で本格化することを見据え、ITサプライヤーの体制の強化が急がれる。IDC Japan ITスペンディングのシニアマーケットアナリストである岩本 直子は、「ITサプライヤーは、顧客企業のビジネスの理解を深め、IT部門のパートナーとして、事業部門や業務部門の課題とビジネス目標を把握しそれに応じて、最適なテクノロジーのアドバイザリーを行うことが求められる」と述べている。
 
Table of Contents:目次
1. Executive Snapshot
2. 市場開拓と市場動向
 (1) はじめに
 (2) 国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別動向
   1) 産業分野中分類比較
   2) 製造分野における、第3のプラットフォーム市場規模予測と動向
   3) 流通分野における、第3のプラットフォーム市場規模予測と動向
 (3) ユーザー企業調査
   1) 製造、流通分野における第3のプラットフォームテクノロジーへの投資
   2) 製造、流通分野におけるイノベーションアクセラレーターの導入状況
   3) 経営層からIT部門への指示:いっそうの「連携」が求められている
 (4) ケーススタディ:企業の事業成長を支える第3のプラットフォームとイノベーションアクセラレーター
   1) グローバルサプライチェーン変革:組立製造A社
   2) 顧客エクスペリエンスを進化させる:小売B社
 (5) 将来の展望
3. ITサプライヤーへの提言
4. 参考資料
 (1) 関連調査
 (2) 本調査対象の産業分野分類の定義
 (3) Synopsis
 
List of Tables
1. 国内第3のプラットフォーム市場 産業分野(中分類)別 支出額予測、2016年~2021年
2. 国内第3のプラットフォーム市場 産業分野(中分類)別 支出額構成比、2016年~2021年
3. 国内製造分野の第3のプラットフォーム市場 支出額予測、2016年~2021年
4. 国内流通分野の第3のプラットフォーム市場 支出額予測、2016年~2021年
5. ユーザー企業調査 産業分野別 回答数
6. IDCの産業分野定義
 
List of Figures
1. Executive Snapshot:国内の製造/流通分野における第3のプラットフォーム需要動向調査
2. 2017年の第3のプラットフォームへの支出増加見込み:産業分野別
3. 産業分野別 IoT導入状況
4. 産業分野別 コグニティブ/AIシステム導入状況
5. 産業分野別 AR/VR導入状況
6. 経営層からIT部門に対する指示
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。

HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: