レポートタイプ     お問い合わせ・見積り・購入     購入のFAQ
 
2016年 製造業/流通業界における第3のプラットフォーム需要動向調査
アナリスト 岩本 直子
プロダクトNo JPJ40589316 発行年月 2016年7月
タイプ Industry Develop. & Models 税抜価格 ¥540,000
提供形式 PDF ページ数 25
※このレポートは、年間情報提供サービス「Japan 3rd Platform by Vertical Market」として発行されています。
※このサイトの商品はすべて税抜き価格です。消費税分は別途請求させていただきます。
 
Abstract:概要 - Table of Contents:目次
Abstract :概要
本調査レポートでは、国内第3のプラットフォーム市場について、産業分野のうち製造業および流通業に焦点を合わせて調査/分析している。国内第3のプラットフォーム市場のうち、これら2つの産業分野における支出額実績および予測値の推計と、2016年3月に実施したユーザー企業調査結果、さらに2つのユーザーケーススタディを基に、第3のプラットフォームの利用動向やニーズ、推進課題などを分析した。ITサプライヤーは「4ピラー単独の事業展開ではなく、相互連携する第3のプラットフォームの専門家として、ユーザー企業が持つビジネス課題の解決やビジネスゴールの達成に寄与する支援に転換すべき」であり、ユーザー企業でテクノロジー活用を推進する立場のITプロフェッショナルは、「第3のプラットフォームの可能性を認識し、その迅速性や柔軟性を武器に、新しいビジネスモデルの展開を積極的に推し進めるべきである」と、IDC JapanのITスペンディンググループのマーケットアナリストである岩本 直子は分析している。
 
Table of Contents:目次
1.  IDCの見解
2. 調査概要
(1) 調査方法
(2) 市場定義
1) 本調査対象の産業分野分類の定義
3. 概況
(1) ユーザー企業調査結果
1) 産業分野別 第3のプラットフォーム活用の組織レベルでの取り組み
2) 産業特有のトレンドに関するユーザー企業の状況
(2) ケーススタディ:第3のプラットフォームによるビジネス変革
1) 製造業のIoT技術を活用した新たなビジネスモデルへの取り組み:アドバンテスト
2) 流通業のオムニチャネル戦略における第3のプラットフォームの活用:ココカラファイン
3) ユーザー企業における第3のプラットフォームの活用によるビジネス変革:デジタルトランスフォーメーション(まとめ)
4. 将来の展望
(1) 国内製造業および流通業における、第3のプラットフォーム市場予測
5. IDCの提言
6. 参考資料
(1) 関連調査
(2) Synopsis
 
List of Tables
1. 産業分野別定義
2. 回答者の属性分布(産業分野、従業員規模)
3. 国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別 支出額予測、2015年~2020年
4. 国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別 前年比成長率予測、2016年~2020年
 
List of Figures
1. 第3のプラットフォーム市場
2. 経営陣からのIT部門への指示(第3のプラットフォーム関連)
3. 製造業におけるIoT導入シナリオ
4. IoT導入シナリオ1:生産領域
5. IoT導入シナリオ2:保守領域
6. IoT導入シナリオ3:サプライチェーン領域
7. 経営陣からのIT部門への指示:クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTなどの活用によるビジネスモデルの変革に関する検討
8. オムニチャネルに取り組んでいない企業の割合
9. オムニチャネル推進における課題:人材、組織に関連する項目
10. オムニチャネル推進における課題:システムやデータに関連する項目
11. オムニチャネル推進における課題:戦略や企画に関連する項目
12. 国内製造業の第3のプラットフォーム市場 支出額予測、2016年~2020年
13. 国内流通業の第3のプラットフォーム市場 支出額予測、2016年~2020年
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。

HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: