プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内クラウドセキュリティ市場予測を発表


2018年11月1日
IDC Japan株式会社
 ·  2017年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比19.7%増の96億円。2017年~2022年の年間平均成長率は18.0%で、2022年には220億円と予測
 ·  ローカルブレイクアウトによるクラウドサービス利用でクラウドセキュリティへの需要が拡大
 ·  国産のクラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充することが必要

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クラウドセキュリティ市場の2018年~2022年の予測を発表しました。


IDCでは、パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場を国内クラウドセキュリティ市場と定義し、クラウドシングルサインオンとクラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティの3つの機能セグメントに分類し、市場規模算出/市場予測を行っています。2017年の国内クラウドセキュリティ市場は、前年比19.7%増の96億円でした。同市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.0%で、市場規模(売上額ベース)は2017年の96億円から、2022年には220億円に拡大すると予測します。同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引続き高く、市場を牽引していくとIDCではみています。


また、社外からのモバイルデバイスによるパブリッククラウドの利用が拡大することで、会社が利用を認めていないクラウドサービスやデバイスなどの、「シャドーIT」による情報漏洩リスクが高まることから、ユーザーの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイソリューションへのニーズが高まると考えます。特に、社外から直接インターネットを利用する「ローカルブレイクアウト」によるパブリッククラウドの利用では、クラウドセキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策が有効であり、ローカルブレイクアウトによるパブリッククラウドの利用拡大とともに、急速に需要が拡大するとIDCではみています。国内クラウドセキュリティゲートウェイ市場の2017年~2022年のCAGRは37.2%と予測します。


国内のユーザー企業が利用しているクラウドサービスは、国内のクラウドサービス事業者が展開しているサービスも多く存在します。特にクラウドアプリケーションの稼動状況や利用ユーザーの挙動、そして使用しているコンテンツを監視するクラウドセキュリティゲートウェイでは、国内で利用されているクラウドアプリケーションとの連携が必要となります。クラウドセキュリティゲートウェイソリューションを提供するサプライヤーは、国内のクラウドサービス事業者と協業し、クラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充していくべきであると考えます。これによって、国内でのクラウドセキュリティゲートウェイの需要が拡大するとみています。


DXの進展によって、データの価値が高まっています。企業は、業務活動で使っているデータの可用性や有用性、品質、完全性などを担保するために、データの取り扱いをより明確する必要があります。パブリッククラウドサービスやモバイルデバイスの利用拡大に伴い、データの利活用は場所や時間を問わず行われます。そして、企業が許可していないパブリッククラウドサービスにデータを保存することが容易にできてしまう状況にあります。企業が許可していないパブリッククラウドサービスやモバイルデバイスなどの「シャドーIT」の利用によって、データの取り扱いが不明瞭になり、情報漏洩や改ざんのリスクが高まります。「パブリッククラウドの利用でのデータガバナンスを向上させるためには、パブリッククラウド上に展開されているデータへのアクセスコントロールやアクセスしているユーザーの挙動分析、データを扱っているアプリケーションの稼働監視などのパブリッククラウド環境に対するセキュリティソリューションが有効であるとIDCは考える。そのため、セキュリティ製品サプライヤーは、パブリッククラウド利用におけるセキュリティの強化だけでなく、データガバナンスの向上対策としてもクラウドセキュリティソリューションを訴求すべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーである登坂 恒夫は述べています。


今回の発表はIDCが発行した「国内クラウドセキュリティ市場予測、2018年~2022年」(JPJ43372118)にその詳細が報告されています。本レポートでは国内クラウドセキュリティ市場を機能別に、クラウドシングルサインオンとクラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティに分けて、2017年の市場規模(売上額ベース)の実績の分析と2018年~2022年の予測を提供しています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら    国内クラウドセキュリティ市場予測、2018年~2022年
その他の関連資料    セキュリティ関連のレポートはこちらをご覧ください。



<参考資料>

国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年
国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年
Source: IDC Japan, 11/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
Share:
Copyright 2018
International Data Corporation Japan.
All rights reserved.