国内外付型エンタープライズストレージ市場 2018年第2四半期の実績を発表


2018年10月18日
IDC Japan株式会社
 ·  2018年第2四半期の外付型支出額は383億6,200万円で前年同期比0.2%増
 ·  オールフラッシュアレイは80億5,900万円、ほぼ横ばいとなる同1.0%増
 ·  大型案件により大きなシェア変動がある一方、サービス事業者インフラの需要が増加傾向

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第2四半期(4月~6月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表しました。これによると、2018年第2四半期の支出額は383億6,200万円で前年同期比0.2%増となりました。


2018年第2四半期の外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見るとメインフレーム向けが37億2,400万円で前年同期比9.1%減、オープンシステム向けが346億3,800万円で同1.3%増となりました。メインフレーム向けは2015年の大型更新のピーク以降、支出が低迷しています。オープンシステム向けは、ミッドレンジとローエンドがプラス成長となったことが貢献しました。従来ハイエンドの価格帯であった製品において、価格帯の下落に伴いミッドレンジにシフトする傾向があります。


2018年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム市場では、リプレイスを中心とした大型案件の動向が大きく影響しました。前年同期にあった大型案件ほどの売上が得られなかったり、売上予定の大型案件が後ろ倒しになったりしたことで、複数のベンダー売上額のシェアが大きく変動しました。この結果、364億1,500万円となった2018年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額(Vendor Revenue)のうち、ベンダー別売上額の上位5社は日立製作所(17.6%)、デル(14.7%)、ネットアップ(14.1%)、富士通(12.2%)、IBM(8.8%)となりました。これは前年同期と比べ、1位以外のすべての順位が異なります。この大型案件の動向は、オールフラッシュアレイ(AFA)の支出額にも大きく影響しました。AFAの支出額は80億5,900万円で、従来四半期毎に前年同期比で2桁またはそれ以上のプラス成長を続けていましたが、今期は1.0%増に留まりました。また、大型リプレイス案件のインフラがサービス事業者のインフラへシフトしたことにより、支出する産業分野にも変化が発生しています。


IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストである加藤 慎也は「2018年第2四半期は、外付型エンタープライズストレージシステム支出額が前年同期比で横ばいであった。更新需要に支えられている本市場では、大型リプレイス案件の有無が市場に与える影響は大きい。一方、従来サーバー内蔵型ストレージの採用によって規模の経済の追求が進むとみていたサービス事業者のインフラでは、外付型ストレージの需要が高まっている。ベンダーは、既存顧客の更新需要へ過度に依存せずに新たな需要を探る一方、シェアの獲得機会をサービス事業者のインフラにも見出すべきである」と分析しています。



※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第2四半期~2018年第2四半期
国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第2四半期~2018年第2四半期
Source: IDC Japan, 10/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。