国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表


2018年8月7日
IDC Japan株式会社
 ·  2017年 国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場規模は2,517億7,600万円、前年比成長率9.4%の高成長
 ·  データウェアハウスなどのプラットフォーム分野から、CRMなどのアプリケーション分野までパブリッククラウドサービスの利用が急速に拡大
 ·  企業はハイレベルなDXの取組みを実現するため、BDAソフトウェアをITの中核として活用する。市場規模は年間平均成長率8.6%で成長し、2022年に3,800億2,400万円に達すると予測

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場を調査し、2022年までの同市場の予測を発表しました。


IDCではBDAソフトウェア市場を、分析情報管理/統合基盤、BI/分析ツール、パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場の3つの中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行いました。これによると、2017年の国内BDAソフトウェア市場は、前年比9.4%増の高い成長率を記録し、市場規模は2,517億7,600万円となりました。データウェアハウスなどのプラットフォーム分野から、CRMなどのアプリケーション分野までパブリッククラウド上のサービス利用に弾みがついており、市場の拡大に貢献しています。


今回のレポートにおける2022年までの予測期間において企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への投資がBDAソフトウェア市場の拡大にポジティブな影響を与えます。企業がDXを高い生産性を持って実行し、デジタルネイティブ企業に対抗する競争力を実現するためにはBDAソフトウェアを中核に据えた意思決定中心型のアーキテクチャを持つDXプラットフォームが求められます。DXプラットフォームを実現するなかでHadoopやNoSQLなどのノンリレーショナル分析データストア、コグニティブ/AIソフトウェアプラットフォーム、コンティニュアスアナリティクスソフトウェアなどに特に多くの投資が行われると予測しています。国内BDAソフトウェア市場規模は2022年に3,800億2,400万円となり、2017年~2022年の年間平均成長率 (CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.6%になるとIDCでは予測しています。


「デジタルトランスフォーメーションを推進する企業はデジタルビジネスにおける競争力を保つため、DXプラットフォームとよばれるBDAテクノロジーを中核とした社内外のリソースと繋がる新たなITアーキテクチャに取り組んでいく必要がある。サプライヤーは分断化された個別システムの提案に留まらず、中長期的な視点で企業全体を支えるプラットフォームを提案し、顧客のDX活動をサポートしていくことが求められる」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストである草地 慎太郎は分析しています。


今回の発表は市場規模および予測については「国内BDAソフトウェア市場予測、2018年~2022年」(JPJ43370518)にその詳細が報告されています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら    国内BDAソフトウェア市場予測、2018年~2022年



<参考資料>

国内BDAソフトウェア市場2017年の実績と2018年~2022年の予測
国内BDAソフトウェア市場2017年の実績と2018年~2022年の予測
Source:IDC Japan, 8/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。