2018年第1四半期 AR/VRヘッドセットの国内/世界市場出荷実績と2022年までの予測を発表


2018年7月10日
IDC Japan株式会社
 ·  2018年第1四半期の世界AR/VRヘッドセット出荷台数は124万台
 ·  2022年通年の出荷台数は6,594万台と予測
 ·  国内の2018年第1四半期は6.2万台、2022年通年は114万台と予測

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第1四半期(1~3月)のAR (Augmented Reality) / VR (Virtual Reality)ヘッドセットの国内/世界出荷台数、および2022年までの世界市場規模予測を発表しました。


IDCのWorldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker 2018Q1によると、2018年第1四半期のAR/VRヘッドセットの世界出荷台数は124万台となりました。これは前年同期より30.5%の減少です。これはスクリーンレスタイプのヘッドセットのスマートフォンなどへのバンドルが今四半期は減少したことによるものです。2017年はハイエンドのスマートフォン購入者にこのタイプのヘッドセットを無料バンドルすることが幅広く行われていましたが、本年初頭からはそれがほぼ終わりつつあるためです。このような背景で第1四半期が前年比マイナス成長となった2018年ですが、ビジネス向けAR/VR市場をターゲットとするベンダーが増えることが見込まれることや、Oculus Goのような低価格スタンドアロンタイプVRヘッドセットが店頭に並ぶことから、今後は市場全体が成長軌道に戻るとIDCは予測しています。IDCは、AR/VRのヘッドセット市場全体が2018年は前年比6%増の887万台に達すると予測しています。この成長基調は今後も続き、2022年は合計6,594万台に達します。


「VRに関して言えば、Facebook (Oculus)はVRに関する全ての問題を解決したわけではないが、Oculus Goのようなデバイスは今後のVRヘッドセットに対して消費者に期待を抱かせるのに役立っていることもあり、有望であると思われる」とIDC Mobile Device Tracker シニアリサーチアナリスト ジテシュ・ウブラニは述べています。さらに続けて、「今後に目を転じれば、消費者はより低価格で、より使いやすい製品を期待すると言えるだろう。ゲームメーカーやハリウッドの映画スタジオ、あるいは職業訓練機関などのコンテンツが増えていることを考え合わせれば、VR普及の未来は明るい」と述べています。


ARヘッドセットについては、レノボのStar Wars:Jedi Challengesなどを通じて、多くの消費者がこのテクノロジーを実際に体験しています。IDCは、このスクリーンレスタイプの製品が今後短期間、市場をその出荷量においてリードすると考えています。一方、スマートフォンを用いないARヘッドセットに関しては、ビジネス用途での使用がさらに広がり、現在製品を発売しているベンダーも次世代の新製品を今後投入するため、IDCは2019年までに市場の規模がより大きなものになるとみています。2019年から2022年にかけては年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が100%を超えると予測しています。


「ARを巡っては、より多くの企業がソフトウェアやサービスを開発するために必要な作業を開始しており、成長に向けての気運が盛り上がりつつある」と米国IDC デバイスおよびAR/VR リサーチ プログラムバイスプレジデントのトム・マイネリは述べています。また、「一方、Magic Leapやマイクロソフト、その他の多くの企業から新しいヘッドセットが登場することが強く待ち望まれている。だが、これらのデバイスが期待に応えるためには、新たな、これまでのものとは違うアプリケーションの開発者が必要である。というのも、これらアプリケーションこそが消費者向け、ビジネス向け両方でユーザー体験の新たな領野を開拓するからだ」と述べています。


カテゴリー別ハイライト
ARヘッドセット

多くの消費者にとって、ヘッドセットを用いた最初のAR体験は、スクリーンレスタイプになるでしょう。Star Warsのようなビッグタイトルは昨年のクリスマスシーズンにタイアップデバイスが多く出荷されましたが、機能がアプリの内容に制限されていた点が、スクリーンレス型ARヘッドセットの普及を遅らせる可能性があります。2022年に近づくと、このカテゴリーのデバイスは市場に残りはするものの玩具として販売されることが多いと考えられるため、AR市場との関連性が低下するとIDCではみています。一方、スタンドアロンタイプのヘッドセットは2018年に194,000台の出荷となり、2022年までのCAGRは190.9%に達すると予測されます。マイクロソフトのHololensやMagic Leap's Oneなどより高度なヘッドセットは、ビジネスおよび消費者向け市場での普及を推進する助けになるでしょう。そして、ケーブルタイプのARヘッドセットは、2018年から2022年にかけて、CAGR 241.8%での成長が見込まれます。このカテゴリーは、アップルのARKitやグーグルのARCoreをベースとした、スマートフォンやタブレットとヘッドセットを接続する、より安価なタイプです。


VRヘッドセット

IDCでは、VRヘッドセットの出荷は2018年の814万台から2022年には3,918万台に増加(CAGR 48.1%)すると予測しています。多くの人はVRを消費者向けの技術と考えていますが、VRヘッドセットのビジネスユーザー比率が2018年の24.0%から2022年には44.6%に拡大すると予測されることから、IDCではVRはビジネス市場も重要であると考えています。
目下、市場ではOculusが大きな力を持っていますが、これはサムスンのGear VRのボリュームによるものです。今後はOculus Goが多くの消費者にVR体験をもたらすとみられますが、HTCの VIVEやマイクロソフトのWindows Mixed Reality プラットフォームなどからのプレッシャーに直面する可能性が高いと考えられます。というのも、Windows Mixed Reality プラットフォームはHP、デル及びレノボといったビジネス市場との長年にわたる関わりと経験を有するベンダーがビジネス分野での強力な強みを持っているからです。



また、Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker 2018Q1では、日本国内のAR/VRヘッドセット出荷台数についても公表しています。
同Trackerの2018年第1四半期データによると、エンタープライズ用途を含む同じ四半期の日本国内AR/VRヘッドセット出荷台数は合計で約6.2万台となりました。カテゴリー別ではARが1,900台、VRが約6万台となり、ARは厳しい状態が続いています。VRはケーブル型が比較的好調な出荷を維持したのに加え、スクリーンレス型も世界の流れとは異なり一定の出荷を維持したことにより、前年同期比161.8%の伸びを記録しました。また、2022年はARヘッドセットが12.6万台、VRヘッドセットが101.2万台の出荷に達すると予測しています。中でも、ケーブルタイプのARヘッドセットは2018年から2022年にかけてCAGR 110.2%と高い成長が見込まれます。


「各ステイクホルダーの継続的な努力もあり、VRはビジネス利用においてもエコシステムが本格的に形成されつつあり、消費者向けとビジネス向けの両輪でVRビジネスが動き始めている」とIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである菅原 啓はコメントしています。さらに「今後はこの動きをより多くの産業分野に拡大することが期待されるが、そのためにもできる限り多くの人にVRの体験を広げる必要がある。また、ARは現在やや厳しい状況にあるものの、この先多くのデバイスが登場することが見込まれるため、開発側はノウハウを蓄積することで今後増大するニーズに対応する体制を確立しておくことが将来の飛躍の基礎になるだろう」と述べています。


今回の発表はIDCが発行した「Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker 2018Q1」にその詳細が報告されています。


※本プレスリリースは2018年6月19日の米国IDC(マサチューセッツ州 フラミンガム)による発表の日本語訳をベースとしています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

表1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
表1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, 7/2018


 

図1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2018年~2022年
図1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2018年~2022年
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, 7/2018


 

表2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
表2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, 7/2018

 

図2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2018年~2022年
図2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2018年~2022年
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, 7/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。