国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測を発表


2018年6月11日
IDC Japan株式会社
 ·  2017年 国内UC&C市場規模は、前年比成長率3.3%増、2,570億3,700万円。企業音声インフラはマイナス成長、コラボレーションがクラウド移行により好調
 ·  2018年以降はクラウド型コラボレーションなどの成長により、2017年~2022年の年間平均成長率は2.5%、2022年市場規模は2,908億6,700万円と予測
 ·  ITサプライヤーは、働き方改革を軸としたビジネスコミュニケーションのインテリジェント化、音声認識アプライアンスのUC&Cソリューション活用を一層推進するべき

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表しました。


IDCではUC&C市場を、「IPテレフォニー市場」「コラボレーティブアプリケーション市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンター市場」の4つのソリューション市場に分類して、それぞれの市場について市場分析と市場予測を行いました。


上記のような市場セグメント分類にて、2017年の国内UC&C市場規模は、前年比3.3%増の2,570億円3,700万円になりました。2017年は、企業の音声インフラリプレイス大規模案件が低調だったことでIPテレフォニー市場がマイナス成長となりましたが、コラボレーティブアプリケーション市場はクラウド移行が堅調に進み好調を維持しました。またIPコンファレンスシステム市場とIPコンタクトセンターシステム市場では、市場の小型システムシフトが継続しており、低成長に留まりました。


2018年の国内UC&C市場は、2017年に低成長であったIPテレフォニー市場、IPコンファレンスシステム市場およびIPコンタクトセンターシステム市場が回復基調となり、前年比成長率4.1%増と、2017年より高い成長を予測しています。


IDCでは、2018年以降の同市場は、働き方改革の推進、ラグビーワールドカップ東京大会や東京オリンピック/パラリンピックに向けた音声基盤再構築やインバウンド顧客サポートへの投資、およびWeb会議などのコラボレーティブアプリケーションが一層進むことで、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.5%で成長し、2022年には2,908億6,700万円の規模になると予測しています。2019年~2020年の上記国内イベント向け先行投資として、2018年~2019年の同市場は3%以上の成長を予測していますが、2020年~2021年は、オリンピック開催後に一時利用クラウドサービスの解約や先行投資の反動によって同市場は1%台の成長に鈍化すると予測しています。


「ベンダー/システムインテグレーター/通信事業者を含むITサプライヤーは、働き方改革を軸としたビジネスコミュニケーションのインテリジェント化、音声認識アプライアンスのUC&Cソリューション活用、UC&C機能のクラウド提供およびマルチクラウド化をパートナーと共に進めるべきである」とIDC Japan グループディレクターである眞鍋 敬は分析しています。


今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測 、2018年~2022年」(JPJ42926218)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場のソリューション別市場規模実績と予測などが示されています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら    国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測、2018年~2022年



<参考資料>

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 売上額予測: 2017年~2022年
国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 売上額予測: 2017年~2022年
Source: IDC Japan, 6/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。