プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表


2018年4月11日
IDC Japan株式会社
 ·  2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,431億8,600万円、2016年~2021年の年間平均成長率を10.5%と予測
 ·  2017年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の前年比成長率は7.1%となる見込み
 ·  データの急速な増加や、新たに発生する大容量データの管理への対応に加え、コグニティブ/AIシステム技術を活用した高度な分析ニーズへの対応が普及の鍵となる

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表しました。


IDCでは、2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額を1,431億8,600万円、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を10.5%と予測しています。セグメント別では、大容量データを効率的に管理、活用できるスケールアウトソリューションへのシフトが進み、スケールアウトソリューションの2016年~2021年における支出額のCAGRを22.3%と予測しています。


2017年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額は、929億2,100万円となり、前年比成長率は7.1%となる見込みです。2017年は、スケールアウトソリューションへのシフトがよりいっそう進みました。ファイルストレージにおけるスケールアウト比率の上昇が続いたことに加え、スケールアウトオブジェクトストレージにおける商用ソフトウェアを用いたSoftware-Defined Storageの構築が堅調を維持したことがその要因です。


IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ シニアマーケットアナリストの宝出幸久は「デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴って、データが急速に増加すると共に、ビジネス価値の創出を目的としたデータ活用の重要性が高まる。データの急速な増加や、新たに発生する大容量データの管理に対応すると共に、コグニティブ/AIシステム技術を活用した高度な分析ニーズへの対応が普及の鍵となる」と述べています。


今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測、2018年~2021年」(JPJ42922718)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内ファイル/オブジェクトストレージ市場における支出額と出荷容量について、セグメント別(ファイルサーバー、スケールアップファイルストレージ、スケールアウトファイルストレージ、スケールアウトオブジェクトストレージ)に、2016年~2021年の分析と予測を行っています。また、オブジェクトストレージ市場におけるカテゴリー別(アプライアンス、商用ソフトウェア、サーバーハードウェア)の2016年~2021年の分析と予測も行っています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら    国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測、2018年~2021年
その他の関連資料    ストレージ関連のレポートはこちらをご覧ください。



<参考資料>

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場 支出額予測: 2016年~2021年
国内ファイル/オブジェクトストレージ市場 支出額予測: 2016年~2021年
Source: IDC Japan, 4/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
Share:
Copyright 2018
International Data Corporation Japan.
All rights reserved.