AR/VRヘッドセット市場 2017年の国内/世界出荷台数および世界市場予測を発表


2018年3月29日
IDC Japan株式会社
 ·  2017年 世界全体でのAR/VRヘッドセット出荷台数は836万台、前年比9.1%減
 ·  2018年は1,242万台、2022年は6,894万台へと成長
 ·  2017年 国内出荷台数は約34万台、簡便なスクリーンレス型が伸長

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年通年のAR(Augmented Reality) / VR(Virtual Reality)ヘッドセットの国内/世界出荷台数、および今後の世界市場規模予測を発表しました。


IDCのWorldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Trackerによると、2017年のAR/VRヘッドセットの世界出荷台数は836万台となりました。これは2016年より9.1%の減少です。しかしながら、2018年のAR/VR市場は再度成長に転じ、出荷台数は前年比48.5%増の1,242万台、そして2022年の出荷台数は6,894万台に達すると予測しています。2017年~2021年のAR/VRヘッドセット市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は52.5%となります。


2017年の世界AR/VRヘッドセット市場が前年比マイナスとなった最大の要因はスクリーレンスタイプ(スマートフォンを装着するタイプ)のVRヘッドセットの出荷減によるものです。これまでスクリーンレスタイプでトップシェアを維持していたベンダーがヘッドセットのスマートフォンへのバンドルを取りやめる動きが続いた一方で、消費者側では新たにスクリーンレスタイプのヘッドセットを別個に購入することが極めて少なかったとみられます。このようにしてスクリーンレスタイプのVRヘッドセットカテゴリーが勢いを失う中、レノボが2017年第4四半期(10月~12月)に投入したStar Wars:Jedi Challenges(Lenovo Mirage ARヘッドセット)は、適切なコンテンツと組み合わせることで特定のタイプのヘッドセットが伸長することを示しました。また、同四半期には、エイサー、ASUS、デル、富士通、HP、レノボ、サムスンから最初のWindows Mixed Reality VRヘッドセット(ケーブル型)の市場投入がありました。


「トップコンテンツプロバイダーがARおよびVR領域に入るなど、コンテンツと配信の成熟が続いた」と米国IDC Mobile Device Tracker シニアリサーチアナリストのジテシュ・ウブラニは述べています。また「一方、ハードウェア面では、数多くのベンダーが新しい資本調達オプションや異なる収益モデルを試行しており、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、AR/VRを消費者や企業にとってより利用しやすいものにしている」と述べています。


2018年については、フェイスブックのOculus Go、HTCのVive Pro、Daydreamを搭載したレノボのMirage Soloなどの新しいデバイスが、新しい機能と新しい価格帯で市場に出荷されるため、VRヘッドセット市場を中心に回復するとIDCは予測しています。ただし、ARヘッドセットは、スマートフォンを使用することで比較的安価に製造可能なスクリーンレスタイプを除いて、製造上要求される技術の複雑さと高いコストのため、2022年までビジネス利用が中心になる可能性が高いと言えます。


「VRヘッドセットの出荷が2017年、若干の後退を示したことは認めらなければならないが、グーグルやフェイスブックなどの企業は、この技術をより消費者に親しみやすくするために引き続き努力している」と米国IDC デバイスおよびAR/VR リサーチ プログラムバイスプレジデントのトム・マイネリは述べています。また、「一方、レノボが消費者向けAR製品を初めてヒットさせたことは、消費者がARとそれが提供できる経験を理解し始めていることを示している」と述べています。


カテゴリー別ハイライト
ARヘッドセット
   2022年までにケーブルタイプとスタンドアロンタイプデバイスがAR/VR市場の35%以上を占めるようになり、今後5年間市場成長が見込まれます。IDCは、2017年の市場リーダーであるスクリーンレスタイプは、2019年にピークを迎えるものの、スタンドアロンタイプの製品が低価格帯でより広く利用できるようになるにつれて、出荷量は減少に転じると予測しています。
VRヘッドセット
   VRヘッドセットは、タイプ別構成比の変化に見舞われるでしょう。これまでトップであったスクリーンレスタイプは、他のタイプによってシェアを侵食されるものとみられます。一方で、2017年は少数派だったスタンドアロンタイプとケーブルタイプは、2022年までにAR/VR合計出荷台数の過半数を占めます。ヘッドセット出荷台数は当初は消費者向けが大半を占めますが、ビジネスユーザー向けもゆっくりとシェアを拡大し、2022年にはビジネス利用の比率が半数近くに達するとみています。

また、IDCのWorldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Trackerでは、国内のAR/VRヘッドセット出荷台数についても公表しています。
同Trackerの2017年第4四半期データによると、ビジネス用途を含む同四半期の国内AR/VRヘッドセット出荷台数は合計で約18万台となりました。タイプ別ではスクリーンレスVRヘッドセットが4.9万台、ケーブル型VRヘッドセットが10.7万台、スクリーンレスARヘッドセットが1.9万台となりました。また、2017年通年では、国内AR/VRヘッドセット出荷台数は合計で約34万台となり、2016年比では187.7%増の大幅成長となりました。これは、エンターテインメントや不動産、観光等でのVRの活用において、比較的安価に環境を構築可能なスクリーンレスARヘッドセットが2017年は大きく伸びたためです。


「明らかに世界の流れから遅れを取ってはいるものの、スクリーンレス型ヘッドセットを活用したVRの利用がようやく日本でも広がりつつある」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである菅原 啓はコメントしています。さらに「ハイエンドなVR体験を指向するケースではケーブルタイプやスタンドアロンタイプを利用するケースも増えてきており、実際の運用という点では着実にノウハウが蓄積されていることが見て取れるのは良い傾向であろう。だが、一般ユーザー・消費者に目を転じた場合、ヘッドセットによるAR/VR体験者はまだまだ少数派と言わざるを得ず、現状の成長速度に甘んじることなく、さらなる裾野の拡大を続けていくことが、全てのステークホルダーに期待される」と述べています。


今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」にその詳細が報告されています。


※本プレスリリースは2018年3月19日の米国IDC(マサチューセッツ州 フラミンガム)による発表の日本語訳をベースとしています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

表1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
表1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, March 19, 2018

 

図1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2017年~2022年
図1 世界AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2017年~2022年
Note: 2017年は実績値、2018年以降は予測値
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, March 19, 2018

 

表2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
表2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数 タイプ別構成比予測、2018年および2022年
Note: 端数処理(四捨五入)の影響により合計値の末尾が一致しない場合があります。
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, March 19, 2018

 

図2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2017年~2022年
図2 国内AR/VR ヘッドセット市場 出荷台数予測、2017年~2022年
Note: 2017年は実績値、2018年以降は予測値
Source: IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker, March 19, 2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。