2017年 国内サーバー市場動向を発表


2018年3月28日
IDC Japan株式会社
 ·  2017年の国内サーバー市場規模は、前年比4.5%増の4,698億円
 ·  x86サーバーとメインフレームのプラス成長が市場を牽引
 ·  出荷額では富士通、出荷台数ではNECが首位

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2017年の国内サーバー市場規模は4,698億円で、前年から4.5%増加しました(図1)。一方、出荷台数は51万5,000台で、前年から0.6%減少しました。


2017年の国内サーバー市場は、2年ぶりに前年比プラス成長となりました。全サーバー出荷額の約7割を占めるx86サーバー(注1)の出荷額が、2年ぶりに前年比プラス成長となったこと、メインフレームの出荷額が、4年ぶりに前年比プラス成長になったことが要因となっています。


x86サーバーの出荷額は、前年比5.3%増の3,579億円でした。クラウドサービスベンダーや企業のデータセンター向けのサーバー出荷が好調でした。クラウドサービスベンダーへのサーバー出荷が増加しているのは、ユーザー企業で、コンピュート処理をクラウドサービスに代替するケースが増加していることが背景にあります。なお、クラウドサービスベンダーを主な出荷先とするODM Directの出荷額は、前年比45.1%増の468億円でした。ODM Directを除いたx86サーバーの出荷額は、前年比1.1%増の3,111億円でした。企業のデータセンターに設置されることが多い2ソケット・ラックマウント・サーバーの出荷が好調でした。メインフレームの出荷額は、前年比12.3%増の763億円でした。前年は、更新需要が一巡し2桁のマイナス成長となりましたが、2017年は、金融、官公庁、製造の基幹系システムの更新需要があり2桁のプラス成長となりました。その他のサーバーは、前年比14.9%減の356億円でした。ミッションクリティカル用途などの更新需要はあったものの、更新を機に、機器のダウンサイジング、x86アーキテクチャやクラウドサービスへの移行、もしくは、これらの検討のために更新時期を延伸したことなどが、マイナス成長の要因であったとIDCはみています。


IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊 雅行は「クラウドサービスの台頭で、コンピュート処理の選択の幅が広くなってきている。ITベンダーは、サーバーの機器更改提案に加えて、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドも視野に入れた、顧客にとって最適なコンピューティング環境を提案していく必要がある。そして、その提案活動を通じて、顧客の中に潜在するニューワークロードを掘り起こし、新しいコンピュート処理ニーズを顕在化させ、サーバーの新規需要を創出することで、自社の売上拡大を図ることが重要である」と述べています。


ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得しました(図2)。メインフレームは、金融での更新需要が貢献し、2桁のプラス成長でした。x86サーバーは、前年の大口案件の反動などでマイナス成長、その他のサーバーは、2桁のマイナス成長でした。2位は、NECでした。x86サーバーは、前年の大口案件の反動でマイナス成長でした。メインフレームとその他のサーバーは、2桁のマイナス成長でした。3位は、日本ヒューレット・パッカード(HPE)(注3)でした。x86サーバーは、クラウドサービスベンダーや企業のデータセンター向けの大口案件などで、2桁のプラス成長でした。その他のサーバーはマイナス成長でした。4位は、前年から順位を一つ上げたIBMでした。メインフレームは、金融、製造での更新需要が貢献し、2桁のプラス成長でした。その他のサーバーは、2桁のマイナス成長でした。5位は、デルでした。企業のデータセンター向けの大口案件などで、2桁のプラス成長でした。


出荷台数においては、NECが首位を獲得しました。富士通が2位、3位以下は、HPE、デル、日立製作所の順でした。なお、ODM Directの出荷台数は前年比、33.7%のプラス成長となり、3位のHPEに次ぐ規模でした。


注1: 「x86サーバー」は、x86アーキテクチャのプロセッサーを採用しWindows、Linuxなどオープン系のOSを搭載したサーバーです。Itaniumプロセッサーを搭載したサーバーやベンダー独自OSを搭載したサーバーはx86サーバーに含めません。また、「x86サーバー」と「メインフレーム」以外のサーバーを「その他のサーバー」として記載しています。
注2: 「その他のサーバー」は、「RISCサーバー」、「IA64サーバー」、「ビジネスサーバー」、「スーパーコンピュータ-」の総称として使用しています。
注3: IDCではベンダーランキングをベンダーグループにて扱います。2016年11月に米国Hewlett Packard Enterpriseと米国SGIが合併しました。よって、HPEの出荷実績には、日本SGIの出荷実績を含んでいます。




(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

図1.国内サーバー市場の推移: 2013年~2017年
図1.国内サーバー市場の推移: 2013年~2017年
Source: IDC Japan, 3/2018

 

図2.2017年 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
図2.2017年 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
Source: IDC Japan, 3/2018

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idc.com/jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。