プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査結果を発表


2017年11月14日
IDC Japan株式会社
2025年に向けIoT/非IoTデータの生成量は163兆ギガバイトに増大。双方のデータから得られるインサイトを最大化すべく、IoT/コグニティブの活用は急拡大
IoT/コグニティブを活用した外販ソリューションの台頭により、そのユーザーは建設/土木業、農林水産業、小売業、公共/公益、保険業など、多岐に広がっている
ベンダーは企業と共創(協創)を推進する過程で、技術/ビジネスの双方に強みを持つ人材開発や、DX専任組織設立に向けたアドバイザリーなどの取り組みが肝要に

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、IoT(Internet of Things)とコグニティブ(Cognitive Systems:一般的に「人工知能」や「AI」と呼ばれる分野)に着目し、IoT/コグニティブの双方を組み合わせることによって生み出される価値についての調査結果を発表しました。


これによると、企業がIoTやコグニティブなどの先進技術を活用し、新ビジネスを創造する「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)」を成功させる上で、IoTデータ(IoTを通じてセンシングされるデータ)はもちろん、非IoTデータ(人間が主体的に生成するデータ)も組み合わせることで、「分析対象となるデータ」を最大化することが肝心になるとみられます。さらに、そうしたデータの中で「インサイトを生み出すデータ」の最大化を行うべく、最適な分析アルゴリズムを生み出すコグニティブ基盤も併せて活用することが必須になることが分かりました。


IDCでは、全世界で年間に生成されるデジタルデータ量は今後2025年に向け、2016年比で約10倍の規模(163兆ギガバイト)に増加するとみています。そうしたデジタルデータを、IoTデータと非IoTデータに分類した場合、成長性の観点からは、IoTデータが突出して高い傾向にある一方、全体に占めるデータ量の観点からは、非IoTデータが予測期間を通じて圧倒的に高い割合を占めると予測しています。こうしたことから、IoTとコグニティブを融合させ、分析対象となるデータとインサイトを生み出すデータの双方を最大化させることで、企業のDX事例は、さまざまな産業に広がると見込まれます。


国内では、製造業や運輸/運輸サービス業といった産業が中心となり、社内に限定して業務効率化やコスト削減を実現しようとする、いわば「社内用途」のIoTに対して長年投資を続けています。一方、IoT/コグニティブを「社外用途」として活用し、社外の顧客に対して何らかの付加価値を提供する取り組みを進める企業も最近増える傾向にあります。企業とベンダーが協力してIoTデータ/非IoTデータを組み合わせ、IoT/コグニティブを社外用途で活用して新しい外販ソリューションを生み出すことをIDCでは「IoT Enabled Solution」と呼んでいます。IoT Enabled Solutionにより、建設現場の作業効率の最適化、農林水産業の収益率拡大、小売業の業務プロセス/設備の改善、交通/社会インフラのスマート化、医療プロセスの高度化、電力データを活用したスマートホームサービス創出、保険サービスのカスタマイズ性向上など、ユースケースの幅が広がろうとしています。


IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣 悠太は「IoT Enabled Solutionを創出する上で、ベンダーは技術に対する知見に加え、産業に特化した業務知識も併せ持つ人の強化を進めるべく、適切な人材教育プログラムを社内外に広げることが必須となる」とみており、「ベンダーが共創(協創)をキーワードに、企業とともにDXを推進する過程において、DX専任組織設立に向けたアドバイザリーを行うなど、組織面において企業側に変革をもたらすような取り組みも肝要となる」と述べています。


今回の発表はIDCが発行したレポート「2017年 国内IoT市場 産業分野別 コグニティブ/AIシステムの活用動向分析」(JPJ41785417)にその詳細が報告されています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   2017年 国内IoT市場 産業分野別 コグニティブ/AIシステムの活用動向分析



<参考資料>

グローバルで1年間に生成されるデジタルデータの量、2016年~2025年:IoTデータ/非IoTデータ別
グローバルで1年間に生成されるデジタルデータの量、2016年~2025年:IoTデータ/非IoTデータ別
Note: 「IDC's Data Age 2025 study, sponsored by Seagate(2017年4月発行)」のデータを基に作成
Source: IDC, 11/2017

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
Share:
Copyright 2018
International Data Corporation Japan.
All rights reserved.