プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第2四半期の実績を発表


2017年10月11日
IDC Japan株式会社
2017年第2四半期の外付型支出額は383億300万円で前年同期比9.6%減
オールフラッシュアレイは79億8,200万円で同111.6%増
国内金融機関の基幹系/勘定系システムでもオールフラッシュアレイを採用

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(4月~6月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表しました。これによると、2017年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は383億300万円で前年同期比9.6%減となりました。


2017年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見るとメインフレーム向けが40億8,200万円で前年同期比13.5%減、オープンシステム向けが342億2,200万円で同9.2%減となりました。メインフレーム向けは2015年の大型更新のピーク以降、支出が低迷しています。オープンシステム向けは、ミッドレンジとローエンドの落ち込みが影響しました。


2017年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステムでは搭載メディアのHDDからフラッシュへの移行が進みました。2017年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額のなかで、オールフラッシュアレイ(AFA)は79億8,200万円で前年同期比111.6%増となりましたが、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は116億800万円で同22.7%減、オールハードディスクアレイ(HDD)は187億1,300万円で同20.7%減となりました。この結果、2017年第2四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額に占めるAFAの比率は前年同期8.9%から20.8%に上昇しました。AFAは、プライマリーストレージとしての採用が進みつつあり、今期は従来AFAの導入に慎重であった、国内金融機関の基幹系や勘定系のシステムでも採用されました。AFAの導入実績の増加に伴い、AFAへの信頼性が十分に高まったことが背景にあるとみています。


2017年第2四半期における国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額(Vendor Revenue)は363億7,900万円で、ベンダー別売上額の上位3社は日立製作所(シェア21.6%)、IBM(13.9%)、富士通(11.3%)でした。


IDC Japan のエンタープライズインフラストラクチャのマーケットアナリストである加藤 慎也は「2017年第2四半期は、前年同期に比べて外付型エンタープライズストレージシステム支出額が低迷した。エンドユーザーのクラウドサービス採用増加に伴い、クラウドサービスプロバイダ向けを中心としたサーバー内蔵型のストレージに需要のシフトが発生している」と分析しています。


今回の発表はIDCが発行した「国内エンタープライズストレージシステム市場 2017年第2四半期の分析」(J17081303)にその詳細が報告されています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内エンタープライズストレージシステム市場 2017年第2四半期の分析


※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。



<参考資料>

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2015年第2四半期~2017年第2四半期
国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2015年第2四半期~2017年第2四半期
Source: IDC Japan, 10/2017

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 寺田 和人
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
Share:
Copyright 2018
International Data Corporation Japan.
All rights reserved.