プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測を発表


2017年9月7日
IDC Japan株式会社
2016年は、支出額上位3分野である金融、製造、官公庁/自治体で大幅なマイナス成長
2016年~2021年の年間平均成長率は0.6%、2021年市場規模は1,882億円と予測
成長を牽引するのは仮想化環境の規模拡大、クラウドインフラ支出の本格拡大

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の主要産業分野別の実績と予測を発表しました。これによると、2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額は1,830億5,000万円で前年比8.9%減となりました。支出額に占める上位5つの主要産業分野の割合は、同2.3ポイント減の75.1%となりました。


2016年は、前年の金融、官公庁/自治体でのメインフレーム向け大型更新案件の反動が、マイナス成長に影響しました。さらに、製造でも為替リスクの回避などによって支出が伸び悩みました。そのため、2016年の支出額における上位5つの主要産業分野において、金融、製造、官公庁/自治体の構成比が低下した一方で、情報サービスと通信/メディアの構成比が上昇しました。


IDCでは、2016年~2021年の国内外付型エンタープライズストレージ市場における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を0.6%、2021年の市場規模を1,882億円と予測しています。2017年以降はプラス成長に復すると予測していますが、前年比成長率は1%を下回るとみています。主要産業分野の構成比の大きな変動はないものの、サービスプロバイダーとしてのクラウドインフラストラクチャ構築のための支出が継続的に行われることにより、情報サービスの構成比が高くなるとみています。今後の国内外付型エンタープライズストレージ市場の成長を牽引するのは、仮想化環境の規模拡大、およびクラウドインフラストラクチャへの支出の本格拡大であると考えています。


IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤 慎也は「エンタープライズストレージシステムの需要においては、コモディティハードウェアによるSoftware-Defined Storageやクラウドサービスへのシフトがいっそう進む一方で、外付型でもテクノロジーの変化を契機とした新たなビジネス機会があるとみている。ストレージベンダーは、産業分野ごとに異なる需要動向と新たなテクノロジーへの期待を理解することで、より確実なビジネス機会の獲得を進めるべきである」と分析しています。


※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にチャネルマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。


今回の発表はIDCが発行したレポート「国内外付型エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別予測、2017年~2021年」(JPJ41784017)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場における2016年の産業分野別支出額実績をベースに、2017年~2021年の予測をまとめています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内外付型エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別予測、2017年~2021年



<参考資料>

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別 支出額:2021年
国内外付型エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別 支出額:2021年
Source: IDC Japan, 9/2017

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 中村 由美子
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: