プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内3Dプリンティング市場予測を発表


2017年7月19日

IDC Japan株式会社
2016年 国内3Dプリンティング市場は、前年比成長率1.5%、328億円
2016年~2021年の年間平均成長率は11.7%、2021年市場規模は571億円と予測
今後は応用分野の開拓、造形材料開発が成長のキーポイント

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内3Dプリンティング市場の2015年~2016年の実績と2017年~2021年の予測を発表しました。


2016年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は328億円で、前年比1.5%の増加でした。IDCでは、同市場の2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)を11.7%、2021年の市場規模を571億円と予測しています。


国内3Dプリンティング市場は、3Dプリンター本体市場、3Dプリンティングサービス市場(*1)、および造形材料市場で構成されています。2016年の3Dプリンター本体の売上額は118億円(前年比成長率マイナス19.0%)、3Dプリンティングサービスの売上額は100億円(同プラス7.3%)、造形材料の売上額は110億円(同プラス30.6%)でした。3Dプリンター本体売上は、2015年に続きマイナス成長となりましたが、3Dプリンティングサービスと造形材料の売上が増加したことから、市場全体としては僅かに成長しました。


2016年の3Dプリンター本体市場をセグメント別(*2)にみると、デスクトップ3Dプリンター本体の国内出荷台数は5,900台(前年比成長率マイナス10.5%)、売上額は8.5億円(同マイナス20.8%)、プロフェッショナル3Dプリンター本体の出荷台数が1,300台(同マイナス1.4%)、売上額が109.8億円(同マイナス18.9%)でした。3Dプリンターは「魔法の箱」ではなく何でも作れるわけではないことがユーザーに正しく認識されるようになってきたことから、今後は用途や目的が明確なユーザーの購入が進むと考えられます。そのため、デスクトップ3Dプリンターは減少するものの、プロフェッショナル3Dプリンターは堅調に増加していくとみています。IDCでは、2021年の国内3Dプリンター本体市場は、出荷台数6,000台(CAGRマイナス3.9%)、売上額161億円(同プラス6.4%)と予測しています。


本体以外では、3Dプリンティングサービス市場と造形材料市場は今後も成長を維持するとIDCではみています。プロフェッショナル3Dプリンターの出荷が増加することにより、3Dプリンター修理/保守サービス市場が拡大し、同時に、造形材料の消費量も増加すると考えています。IDCでは、3Dプリンティングサービス市場の2016年~2021年のCAGRをプラス7.5%、造形材料市場のCAGRをプラス19.2%、2021年の売上額はそれぞれ144億円、266億円と予測しています。多くのベンダーで、新しい造形技術や造形材料の開発が継続して行われており、これまで3Dプリンティングが利用されていなかった分野で活用されたり、新しい造形材料によってこれまで作製できなかった造形物が作製できるようになることが期待されます。


IDC Japan イメージング,プリンティング&ドキュメントソリューション シニアマーケットアナリストの三谷 智子は「国内3Dプリンティング市場では、3Dプリンティングへの正しい理解と認識が深まり、今後も市場が拡大すると予測されている。ベンダーは新たな領域における3Dプリンティング技術の利用を提案できるよう、新しい製品や技術、造形材料を開発すべきである」と述べています。


(*1)3Dプリンティングサービス市場は、受託造形サービスと3Dプリンター修理/保守サービスで構成される。


(*2)IDCでは、本体価格50万円未満の3Dプリンターを「デスクトップ3Dプリンター」、本体価格50万円以上の3Dプリンターを「プロフェッショナル3Dプリンター」と定義している。


今回の発表はIDCが発行したレポート「国内3Dプリンティング市場予測、2017年~2021年:グローバル市場動向との比較」(JPJ41778217)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内3Dプリンター本体及び関連市場の2015年~2016年の出荷台数/売上額の実績と2017年~2021年の市場規模予測のほか、サプライヤーへの提言、市場の促進要因と阻害要因についての分析をまとめています。



(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内3Dプリンティング市場予測、2017年~2021年:グローバル市場動向との比較



<参考資料>

図1.国内3Dプリンター本体市場 セグメント別出荷台数実績および予測: 2015年~2021年
図1.国内3Dプリンター本体市場 セグメント別出荷台数実績および予測: 2015年~2021年
Note: 2015年と2016年は実績値、2017年以降は予測
Source: IDC Japan, 7/2017

図2.国内3Dプリンティング市場 売上額実績および予測: 2015年~2021年
図2.国内3Dプリンティング市場 売上額実績および予測: 2015年~2021年
Note: 2015年と2016年は実績値、2017年以降は予測
Source: IDC Japan, 7/2017

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:https://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: