プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内ストレージソフトウェア市場実績および予測を発表


2016年9月6日
IDC Japan株式会社
国内ストレージソフトウェア市場の2015年の売上は916億万円。2015年~2020年の年間平均成長率を2.1%、2020年の市場規模を1,016億円と予測
2015年の国内売上額シェア上位はEMC、ベリタス、IBMで前年と変わらず
ITインフラの運用をソフトウェアの導入によって効率化、自動化しようとする傾向は継続するものの、標準バンドル化が進む流れにより売上は低成長
Software-Defined Storageコントロールソフトウェア市場では、新興ベンダーの動きを追うように大手ベンダーの製品が相次いで市場投入され、売上が拡大中

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ストレージソフトウェア市場の2015年の実績と2020年までの予測を発表しました。

 

2015年の国内ストレージソフトウェア市場全体の売上額は915億9,300万円で、前年比成長率は2.3%のプラス成長でした。2015年~2020年の平均年間成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.1%、2020年の市場規模を1,015億7,400万円と予測しています。

 

ITインフラの運用をソフトウェアの導入によって効率化、自動化しようとする流れは継続しており、ストレージ運用についてもユーザーが高度なソフトウェア機能を利用する機会は増えていますが、その一方で、ストレージベンダーの販売戦略としてはソフトウェアの標準バンドル、無償化が進んでおり、国内市場の売上規模は低成長傾向となっています。

 

ただし、低成長なストレージソフトウェア市場にあって、急速に規模を拡大しているSoftware-Defined Storageコントロールソフトウェア市場では、新興ベンダーの動きを追うように大手ベンダーも製品を投入しており、まだセグメントとしての売上規模は小さいながら、メインストリームに向かって確実に歩を進めている状況にあります。

 

2015年の国内ストレージソフトウェア市場におけるベンダーシェアの上位には、第1位EMC、第2位ベリタス、第3位IBMという3社が前年に引き続きランクインしています。この3社の売上成長率は市場全体の数値を上回っており、下位との差が開いた状況にあります。これらの上位ベンダーは、大規模ユーザーを中心顧客として課題解決型のセールスを展開しているという共通点があります。

 

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの鈴木 康介は「ストレージソフトウェアの需要面では、ストレージ管理の迅速性、経済性、安全性をいかに高めるか、ソフトウェアに求められる役割は今後ますます重要となる。しかし、その一方で、運用の簡素化を訴求点に市場浸透を図るオールフラッシュアレイの影響により、ストレージソフトウェアのスイート化、標準バンドル化は一層進むであろう。そのため、機能面での要求の高まりに反し、売上規模は低成長となる」と分析しています。

 

今回の発表はIDCが発行した「国内ストレージソフトウェア市場予測、 2016年~2020年」(JPJ40605516)にその詳細が報告されています。本レポートでは、ストレージソフトウェア市場を以下の6分野、1. データ保護/リカバリーソフトウェア、2. ストレージレプリケーションソフトウェア、3. アーカイブソフトウェア、4. ストレージ/デバイス管理ソフトウェア、5. ストレージインフラストラクチャソフトウェア、6. Software-Defined Storageコントロールソフトウェアに分類し、2020年までの市場規模を予測しています。また、「国内ストレージソフトウェア市場シェアアップデート、2015年」(JPJ40605616)では、2015年の国内ストレージソフトウェア市場におけるベンダーシェアとベンダー動向を分析しています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内ストレージソフトウェア市場予測、 2016年~2020年


レポート概要はこちら   国内ストレージソフトウェア市場シェアアップデート、2015年



<参考資料>

国内ストレージソフトウェア市場 売上額予測、2015年~2020年
国内ストレージソフトウェア市場 売上額予測、2015年~2020年
Note: 2015年は実績値、2016年以降は予測
Source: IDC Japan, 9/2016

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: