プレスリリース一覧         海外プレスリリース
2015年 国内サーバー市場動向を発表


2016年3月28日
IDC Japan株式会社
2015年の市場規模は、前年比7.3%増の5,070億円、x86サーバーの平均単価上昇が貢献
出荷台数は前年比2.0%減、x86サーバーの減少が背景に
出荷額では富士通、出荷台数ではNECが首位

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2015年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。これによると、2015年の国内サーバー市場規模は5,070億円で、前年から7.3%増加しました(図1)。また、出荷台数は56万2,000台で、前年から2.0%減少しました。

 

2015年の国内サーバー市場は、2009年以降では最も高い出荷額となりました。製品分野別では、x86サーバーが前年から出荷額を増やしました。メインフレームやその他のサーバーの出荷額はマイナス成長でした。また、出荷台数は、前年に比べ全ての製品分野で減少しました。x86サーバーの出荷台数は、6年ぶりのマイナス成長でした。新規需要による増加に比べて、サーバー集約による減少が大きかったとみられます。なお、2009年の国内サーバー市場は、リーマンショックの影響により、前年に比べ出荷額、出荷台数ともに落ち込んでいました。

 

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤 慎也は「2015年の国内x86サーバー市場では、前年に比べて平均単価の上昇により出荷額が増加した。円安による部材コストの上昇を販売価格へ転嫁したことに加え、サーバー集約による1台当たりのメモリーなど、オプション類の増加が背景にある」と述べています。


ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得しました(図2)。前年に比べ、HPC専用機の大型案件が貢献しました。x86サーバーは2桁のプラス成長でしたが、メインフレームは2桁のマイナス成長でした。2位は、NECでした。x86サーバーが2桁のプラス成長でした。メインフレームもプラス成長を確保しましたが、その他のサーバーは大幅なマイナス成長でした。3位は、日本ヒューレット・パッカードでした。x86サーバーが2桁のプラス成長でしたが、その他のサーバーは2桁のマイナス成長でした。4位は日立でした。x86サーバーは2桁のプラス成長でしたが、メインフレームやその他のサーバーでは2桁のマイナス成長でした。5位は、IBMでした。メインフレームが2桁のプラス成長で、その他のサーバーでも前年並みを確保しました。しかし、前年のx86サーバー事業のレノボへの移管による出荷額の減少により、順位を一つ下げました。6位はデルでした。

 

また、出荷台数においては、NECが首位を獲得しました。富士通が2位、3位以下は、日本ヒューレット・パッカード、デル、日立製作所、レノボの順でした。x86サーバー事業の移管によって、IBMに代わりレノボが6位になりました。NECとレノボ以外の上位ベンダーでは、出荷台数が減少しています。一方で、ODM Directの出荷台数は前年に続いて増加し、上位ベンダーに相当する規模になっています。

 

同時にIDC Japanは、2015年第4四半期(10~12月)の国内サーバー市場動向を発表しました。これによると、2015年第4四半期のサーバー出荷額は1,199億円で、前年同期比で10.5%減少しました。また、出荷台数は13万台で、前年同期比で8.9%減少しました。出荷額では、x86サーバーが前年同期比で2桁のプラス成長となった一方、メインフレームやその他のサーバーは大幅なマイナス成長でした。

 

ベンダー別の出荷額では、富士通が首位を獲得しました(図3)。x86サーバーはプラス成長でしたが、前年同期にあったメインフレームの大型案件の反動により、2桁のマイナス成長でした。2位はNECでした。流通業の大口案件がけん引し、x86サーバーは2桁のプラス成長でした。しかし、前年同期にあったスーパーコンピューターの大型案件の反動もあり、合計では2桁のマイナス成長でした。3位は日本ヒューレット・パッカードでした。x86サーバーは堅調でしたが、その他のサーバーは大幅なマイナス成長でした。以下日立製作所、IBM、デルの順でした。前年同期と比べ、順位に変動はありませんでした。

 

今期のx86サーバー市場の出荷額は、平均単価の上昇により、前年同期比で14四半期連続のプラス成長となりました。一方で出荷台数はマイナス成長でした。流通業向けをはじめ、いくつか1,000台規模の大口案件はありましたが、コア数の多いプロセッサーの採用によってサーバー集約が進んだことにより、マイナス成長となりました。ベンダー別の出荷額は上位からNEC、富士通、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、デル、レノボの順でした。出荷台数ではNEC、富士通、日本ヒューレット・パッカード、デル、日立製作所、レノボの順でした。IBMのx86サーバー事業を併合して1年が経過したレノボは、前年同期比で出荷額と出荷台数ともに2桁のプラス成長となりました。

 

注: 上記「x86サーバー」は、x86アーキテクチャのプロセッサーを採用しWindows、Linuxなどオープン系のOSを搭載したサーバーです。Itaniumプロセッサーを搭載したサーバーやベンダー独自OSを搭載したサーバーはx86サーバーに含めません。また、「x86サーバー」と「メインフレーム」以外のサーバーを「その他のサーバー」として記載しています。

 

今回の発表は、IDCが発行した「国内サーバー市場 2016年~2020年の予測: 2015年第4四半期」(J16231302)にその詳細が掲載されています。


(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内サーバー市場 2016年~2020年の予測: 2015年第4四半期



<参考資料>

図1.国内サーバー市場の推移: 2005年~2015年
図1.国内サーバー市場の推移: 2005年~2015年
Source: IDC Japan, 3/2016

 



図2. 2015年 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
図2. 2015年 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
Source: IDC Japan, 3/2016

 


図3.2015年第4四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
図3.2015年第4四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
Source: IDC Japan, 3/2016

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: