プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内プリント/ドキュメント管理成熟度に関するユーザー調査結果を発表


2016年3月14日
IDC Japan株式会社
国内企業の約半数がプリント/ドキュメント管理においてレベル2(限定的導入)の成熟度
技術導入は進んでいるものの、社内教育や管理プロセスの構築に遅れ
リーダー企業は、人員管理やプロセス管理で先行することで財務的成果を達成

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内オフィスプリント環境の導入判断者に対して、プリント管理およびドキュメント管理の実態、MPS(Managed Print Services)の導入状況、モバイル/クラウドプリントの導入状況などについて調査し、これらを総合して国内のプリント/ドキュメント管理の成熟度を分析した結果(IDC MaturityScape Benchmark)を発表しました。これによると、国内ユーザー企業の約半数が、5段階中下から2番目のレベル2(限定的導入)の成熟度にあることがわかりました。多くの企業において、プリント/ドキュメント管理に関する技術導入は進めたものの、その技術を活用するための社内教育や管理プロセス構築への対応が遅れているようです。

 

本調査(2015年11月実施)では、オフィスプリント環境の導入判断に関係する800人に対してWebアンケートを実施し、プリント管理およびドキュメント管理の実態について調査しました。そして、この調査結果を総合して国内のプリント/ドキュメント管理の成熟度をIDC MaturiyScape に基づいて分析しました。IDC MaturiyScape とは、IT環境の導入状況を客観的に評価するためにIDCが開発した手法です。特定のIT環境について、まったく導入していない場合をレベル0(未導入)とし、導入後のユーザー企業の成熟度を、レベル1(個人依存)、レベル2(限定的導入)、レベル3(標準基盤化)、レベル4(定量的管理)、レベル5(継続的革新)までの5段階で評価するものです。

 

IDC プリント/ドキュメント管理 MaturityScape では、ユーザー企業の成熟度を、意思統一、技術、人員、プロセスの4つの視点から総合的に評価しています。その結果、国内ユーザー企業においては、レベル1の成熟度を持つ企業が24.5%、レベル2が48.0%、レベル3が20.6%、レベル4が6.5%、レベル5が0.4%であることがわかりました。国内ユーザー企業の約半数が、レベル2(限定的導入)の成熟度にとどまっています。この結果は、2014年10月に実施した調査とほぼ同じ(2014年の調査ではレベル2が48.2%)であり、この1年で国内市場におけるプリント/ドキュメント管理の成熟度に大きな変化がなかったことがわかります。今年の調査結果を評価尺度別に詳細に分析すると、技術の点ではレベル3の企業が最も多く、意思統一ではレベル2、人員/プロセスの視点ではレベル1が最も多いという結果になりました。国内ユーザー企業では、プリント関連技術の導入は積極的に推進しているのですが、その技術を活用するために必要な各種教育活動の実施や、管理プロセスの整備といった対応が遅れている傾向を見ることができます。

 

また、プリント/ドキュメント管理において財務的成果を出している企業(リーダー企業)と、そうでない企業(フォロワー企業)の成熟度の比較も実施しました。これらの企業の差は、人員およびプロセスの尺度において特に顕著でした。プリント/ドキュメント管理において具体的な成果を上げるためには、人員/プロセスの分野において全社的な具体的目標を設定し、統一ルールに基づいて活動することが重要であることが分かりました。

 

IDC Japan イメージング,プリンティング&ドキュメントソリューション グループマネージャーの石田 英次は「国内のプリント/ドキュメント管理の成熟度調査を実施した結果、2014年と同様に国内ユーザー企業の多くが、下から2番目の限定的導入ステージに分類されることが分かった。国内においては、技術導入のみが先行しており、具体的な全社目標や統一ルールを設定し、それに基づいてプリント/ドキュメント環境を改善する活動の普及が遅れている実態が明らかになった」と述べています。

 

今回の発表はIDCが発行したレポート「IDC MaturityScape Benchmark: 国内プリント/ドキュメント管理市場」(JPJ40609715)にその詳細が報告されています。本レポートでは、ユーザー企業のオフィスプリント環境の導入判断関係者に対して、プリント管理およびドキュメント管理の実態、MPSの導入状況、モバイル/クラウドプリントの導入状況などについて質問し、プリント/ドキュメント管理の成熟度を詳しく分析し、まとめています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   IDC MaturityScape Benchmark: 国内プリント/ドキュメント管理市場



<参考資料>

国内ユーザー企業のプリント/ドキュメント管理成熟度 ステージごとの分布
国内ユーザー企業のプリント/ドキュメント管理成熟度 ステージごとの分布
Source: IDC Japan, 3/2016

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: