プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内BA(Business Analytics)ソフトウェア市場予測を発表


2016年2月15日
IDC Japan株式会社
2015年上半期 国内BAソフトウェア市場規模は923億円、前年同期比9.3%増で拡大継続
2014年~2019年の年間平均成長率6.2%、2019年の市場規模は2,353億円に
BAソフトウェアはIoT、コグニティブシステムなどを活用した、新規ビジネスのためのアプリケーション基盤として活用の場を拡大していく

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内BA(Business Analytics)ソフトウェア市場の2015年上半期の分析と2015年~2019年の予測を発表しました。

 

IDCではBAソフトウェア市場を、「DWH(Data Warehouse)プラットフォームソフトウェア市場」、「BI(Business Intelligence)/分析ツール市場」、「パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場」の3つの市場セグメントに分類し、市場規模調査を行いました。これによると、2015年上半期の国内BAソフトウェア市場規模は、前年同期比9.3%増の923億3,200万円になりました。市場セグメント別にみるとDWHプラットフォームソフトウェア市場が368億3,100万円(前年同期比成長率9.5%)、BI/分析ツール市場が333億1,800万円(前年同期比成長率10.7%)、パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場が221億8,300万円(前年同期比成長率7.2%)でした。

 

2015年上半期の国内BAソフトウェア市場はマーケティング分野での非構造化データの活用の広がりなどビッグデータテクノロジー活用企業の広がり、セルフサービス型BIツールの普及による利用シーンの拡大などから高い成長を遂げています。

 

国内BAソフトウェア市場は中期的にIoT(Internet of Things)やリアルタイム分析、コグニティブシステムの普及などから、従来のようなビジネスの現状把握や将来予測のためのツールとしてだけではなく、新規ビジネスのアプリケーション基盤として利用場面が拡大していくことが予測されています。2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は6.2%、2019年の市場規模は2,352億6,600万円に達するとIDCでは予測しています。

 

「BAソフトウェアは企業の競争力を支える重要な基盤となることが予測される。ユーザー企業は現在のデータ、人的資源、情報システムといった資産の棚卸しと評価を行った上で、外部との比較を行い自社の現在位置を知ることと向上のためのロードマップを作成し、定期的なチェックと見直しを行っていくことが必要である」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ マーケットアナリストの草地 慎太郎は分析しています。

 

今回の発表はIDCが発行したレポート「国内BAソフトウェア市場 2015年上半期までの分析と2015年~2019年の予測」(J15370105)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内BAソフトウェア市場のセグメント別市場規模実績とベンダー別売上シェア、市場予測などが示されています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内BAソフトウェア市場 2015年上半期までの分析と2015年~2019年の予測



<参考資料>

国内BAソフトウェア市場 売上額予測: 2014年~2019年
国内BAソフトウェア市場 売上額予測: 2014年~2019年
Note: 2014年は実績値、2015年以降は予測
Source: IDC Japan, 2/2016

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: