プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内タブレットソリューション市場予測を発表


2016年1月28日
IDC Japan株式会社
法人向けタブレット出荷台数、2015年は253万台。2014年~2019年の年間平均成長率12.2%
タブレットソリューション市場の売上額、2015年は1兆1,974億円。2014年~2019年の年間平均成長率13.8%
金融分野が2019年、同市場における最大の売上シェアを占めると予測

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレットソリューション市場の予測を発表しました。これによると、法人向け全体のタブレット出荷台数は2015年に253万台を見込み、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、12.2%になると予測しています。

 

また、2015年のタブレットソリューションの売上額は、1兆1,974億円を見込んでおり、2014年~2019年のCAGRは13.8%とみています。売上額を初期投資と年間運用費に分けると、2015年の初期投資額は2,649億円、年間運用費は9,325億円になると見込んでいます。タブレットソリューションの売上額、初期投資、年間運用費には、タブレットソリューションに関連するすべてのハードウェア、ソフトウェア、サービスが含まれます。

 

国内タブレットソリューション市場を7つの産業分野(金融、製造、小売、医療/福祉、サービス、教育、その他)に分けて見ると、2019年の売上において最も大きなシェアを占める産業分野は金融になり、2014年~2019年の売上額のCAGRが最も大きな産業分野は医療/福祉になるとみています。

 

IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山 雅弘は「タブレットの導入を検討した多くの企業は、その評価を終えた。導入した企業の中には、期待した成果が得られなかったという感想も多い。実は、ここからが本番である。現場の声を拾い、問題点を見つけ、改善しなければならない。モバイルアプリケーションがアプリケーションストアからダウンロードできるように、タブレットソリューションは、容易にアップデートを行うことができる。導入し、運用を続けながら完成度を高めていく、このことが運用する上で最も重要である」と指摘しています。

 

今回の発表はIDCが発行した「国内タブレットソリューション市場予測、2015年~2019年:産業分野別タブレット出荷台数とソリューション売上額」(JPJ40597115)にその詳細が報告されています。本調査レポートは、産業分野別に国内タブレットソリューション市場について、市場動向の分析を基に、2019年までの市場予測を行っています。また産業分野ごとにその構造やITの投資動向も踏まえ、この分野におけるタブレット導入機会についての分析を行っています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内タブレットソリューション市場予測、2015年~2019年:産業分野別タブレット出荷台数とソリューション売上額



<参考資料>

国内タブレットソリューション市場 売上額予測: 2014年~2019年
国内タブレットソリューション市場 売上額予測: 2014年~2019年
Source: IDC Japan, 1/2016

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: