プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内エンタープライズストレージのメディアタイプ別市場予測を発表


2015年11月24日
IDC Japan株式会社
フラッシュ技術を利用したI/O intensiveストレージの2015年売上額は196億円の見込み
I/O intensiveストレージ売上額の2014年~2019年の平均成長率は27.1%
2014年~2015年にはオールフラッシュアレイも本格的に立ち上がる

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内エンタープライズストレージシステム(外付型ストレージとサーバー内蔵型ストレージの合計)のメディアタイプ別市場実績と2019年までの予測を発表しました。これによると、フラッシュ技術を利用したI/O intensiveストレージの2014年の売上額は137億8,000万円(前年比58.1%増)、2015年は196億3,600万円(同42.5%増)が見込まれます。また、I/O intensiveストレージの2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は27.1%で、2019年には457億4,500万円に達すると予測しています。

 

IDCではエンタープライズストレージシステムをPerformance optimized(FC、SASのインターフェースを持ち、回転数が1万回転以上のHDDを搭載したシステム)、Capacity optimized(SATA、SASのインターフェースを持ち、回転数が7,200回転以下のHDDを搭載したシステム)、I/O intensive(フラッシュなどのソリッドステートストレージを搭載し、主に高速なリード/ライトが必要とされる用途で利用されるシステム)の3つのメディアタイプに分類し市場実績の調査と予測を行っています。2014年から2015年にかけては、国内エンタープライズストレージシステム市場においてフラッシュ技術を利用したI/O intensiveストレージの普及が本格化しています。

 

高いI/O性能と低レイテンシーを特徴とするフラッシュストレージの普及が本格化したのは、データベースやデータウエアハウス/ビジネスインテリジェンス、Web、OLTPなどのアプリケーションにおいて、既存のPerformance optimizedストレージよりもさらに高いストレージI/O性能を求める需要が拡大しているほか、サーバー仮想化やデスクトップ仮想化といった仮想化環境の普及と共に、仮想化環境で利用されるストレージI/O性能のボトルネック解消が強く求められるようになってきたためです。

 

2014年~2015年の大きな特徴は、フラッシュデバイスのみを搭載したオールフラッシュアレイ(All Flash Array:AFA)の市場が国内でも急速に立ち上がってきたことです。AFA市場は当初は新興ストレージベンダーを主体に立ち上がりましたが、大手ストレージベンダーが相次いで参入したことで市場の成長が加速されています。また、非常に高い高速性が求められる「Tier 0」(ティアゼロ)市場に加え、汎用プライマリストレージの置き換えを狙う「Tier 1」(ティアワン)市場での需要が拡大し始めたこともAFA市場の成長をけん引しています。「Tier 1」市場での需要拡大を図るために、AFAも高速性を追求するだけではなく、汎用プライマリストレージと同様に、データサービス(スナップショット、レプリケーションなど)機能の強化を進めています。

 

また、I/O性能を向上させるだけではなく、システム設置面積の縮小、低消費電力化、サーバーやストレージのハードウェア台数の削減など複合的なメリットに着目してAFAを導入する企業が増加しています。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ/IPDS/PCs グループディレクターの森山 正秋は「AFAは、特定のアプリケーションのI/O性能を高速化するだけのソリューションではなく、ハードウェアコストの削減、設置面積の縮小、電力コストの抑制などの複合的な経済効果により、国内企業のITインフラの投資パターンを変える可能性を持っている」と分析しています。

 

IDCでは、2014年~2019年における国内エンタープライズストレージシステム全体の売上額のCAGRを1.3%と予測していますが、このうちI/O intensiveストレージは27.1%、Performance optimizedストレージはマイナス12.4%、Capacity optimizedストレージは8.5%と予測しています。

 

今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ソリッドステートストレージ市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」(J15480106)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内エンタープライズストレージシステム市場の2012年から2014年におけるメディアタイプ別出荷実績調査と2019年までの予測を行なっています。出荷実績と予測は売上額、出荷容量の観点から分析しています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内ソリッドステートストレージ市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測



<参考資料>

国内エンタープライズストレージシステム(外付型と内蔵型の合計)市場 メディアタイプ別 売上額予測、2013年~2019年
国内エンタープライズストレージシステム(外付型と内蔵型の合計)市場 メディアタイプ別 売上額予測、2013年~2019年
Source: IDC Japan, 11/2015

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: