プレスリリース一覧         海外プレスリリース
国内Storage in the Cloud市場予測を発表


2015年9月30日
IDC Japan株式会社
 2014年の国内Storage in the Cloud市場規模は、前年比37.8%増の274億4,600万円
 2014年~2019年の年間平均成長率22.0%、2019年市場規模を741億6,100万円と予測
 ハイブリッドクラウドの実現やクラウドストレージサービスのエコシステム構築が求められる

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内Storage in the Cloud市場の2014年の売上額実績と2015年~2019年の売上額予測を発表しました(Storage in the Cloud市場とはパブリッククラウドサービスとして提供されるストレージ従量課金サービスの市場を指しています)。これによると、2014年の国内Storage in the Cloudの売上は前年比37.8%増の274億4,600万円となりました。また、同市場の2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.0%、2019年の市場規模を741億6,100万円と予測しています。

 

IDCでは、国内Storage in the Cloud市場は2015年以降も成長を継続するとみています。サービス価格の下落は進行しているものの、クラウドサービス全般に対するユーザーの利用意欲は高く、国内Storage in the Cloud市場としても拡大の余地が十分に残っている状況にあります。また、クラウドサービスをいかに利用すべきかについての知識、経験も豊富になるにつれ、市場は拡大するとみています。

 

IDC Japan ストレージシステムズ マーケットアナリストの宝出 幸久は「国内Storage in the Cloud市場は、国内ストレージ市場における成長分野の一つであり、今後も市場規模が拡大すると共に、国内ストレージ市場に与える影響力も高まっていくと考えられる。国内Storage in the Cloud市場においては、ハイブリッドクラウドの実現やクラウドストレージサービスのエコシステム構築に留意すべきである」と分析しています。

 

今回の発表はIDCが発行したレポート「国内Storage in the Cloud市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」(J15500105)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、国内Storage in the Cloud市場の2013年~2014年の売上額実績の分析と、2015年~2019年の売上額予測を行っています。IDCでは、Storage in the Cloud市場を2つのセグメント(「基本ストレージサービス」と「アドバンスドストレージサービス」)に分けて、その市場構造、成長要因を分析しています。


(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   国内Storage in the Cloud市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測



<参考資料>

国内Storage in the Cloud市場 売上額予測、2014年~2019年
図1. 該当の図、グラフ、表などのタイトル
Note: 2014年は実績値、2015年以降は予測
Source: IDC Japan, 9/2015

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: