プレスリリース一覧         海外プレスリリース
2015年第2四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表


2015年8月27日
IDC Japan株式会社
携帯電話出荷台数は前年同期比1.9%減、723万台
スマートフォン出荷台数は前年同期比23.6%増、608万台
スマートフォンは携帯電話の84.1%を占める

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2015年第2四半期(4~6月)の出荷台数を発表しました。

 

これによると、2015年第2四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比1.9%減の723万台となりました。携帯電話全体の出荷はマイナス成長になりましたが、スマートフォンの出荷台数は、前年同期比23.6%増の608万台となり、携帯電話の84.1%を占めました。

 

スマートフォンを含む携帯電話の総出荷台数のベンダー別シェアでは、アップルが前期(2015年第1四半期:1~3月)の38.9%から、32.9%にシェアを落としたものの、11四半期連続で首位の座を維持しています。また上位トップ3では、大手通信事業者3社に対して、従来型携帯電話と「AQUOSシリーズ」のスマートフォンを安定供給しているシャープが第2位、「Xperiaシリーズ」のスマートフォンの販売が堅調なソニーが第3位となりました。

 

スマートフォンのベンダー別シェアでは、アップルが前期の51.1%から39.1%へシェアを大きく落としたものの、首位を維持し、スマートフォンの販売が堅調なソニーが2位となっています。また、携帯電話で2位のシャープがスマートフォンでも3位と上位トップ3入りしています。

 

今後の見通しについて「今期(2015年第2四半期)の携帯電話市場では、スマートフォンの比率が一気に上昇した。しかし、これは一時的なものになると考えられる。2017年までフィーチャーフォン用の部材は供給されると想定され、今のフィーチャーフォンのユーザーは、次に購入する際もフィーチャーフォンを選択する可能性が高い。そのためスマートフォンへの移行は、急には進まない。もし、この状況に変化が起こるとすると、キャンペーンよりも通信料金に変更が入る場合になる」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山 雅弘は述べています。

 

今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」にその詳細が報告されています。

 

IDC Trackerについて
IDC Trackerとは、IDC独自の調査手法に基づきICT製品・サービスの市場規模・ベンダーシェアの実績や市場予測を定期的に提供するデータベース製品です。IDC Trackerにつきましては、こちらをご覧ください。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

図1.2015年第2四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
図1.2015年第2四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
                           Total = 723万台
Source: IDC Japan, 8/2015

 



図2.2015年第2四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア
図2.2015年第2四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア
                           Total = 608万台
Source: IDC Japan, 8/2015

 

2015年5月に、ARROWS ケータイ F-05GやAQUOS ケータイ SH-06Gといった、従来型携帯電話に似ているものの、OSにAndroidを採用し、LINEなどのアプリケーションが稼働する携帯端末が登場しました。IDCの定義では、この製品は、スマートフォンの範疇に入ります。本件に関して問い合わせが多いため、ここであらためて、スマートフォンの定義について明記します。IDCではスマートフォンと従来型携帯電話を搭載OSの種類で主に区別しています。まず、国内市場におけるスマートフォンは、iOS、Android、Windows、BlackBerryなどの汎用OSを採用し、インターネットに接続でき、アプリケーションが稼働する、通話機能を有する画面サイズ7インチ未満の携帯端末を指します。Linux、SymbianのOSを採用している携帯端末は、スマートフォンではなく、従来型携帯電話の範疇に入ります。なお、海外市場では、Linux、Symbianも含めたすべての汎用OSを搭載した携帯端末をスマートフォンとしています。国内市場では、Linux、Symbianを搭載している携帯端末を従来型携帯電話(いわゆる「ガラ携」)として、スマートフォンと区別することが一般的であるため、国内市場と海外市場で定義を変えています。ご注意ください。
報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: