プレスリリース一覧         海外プレスリリース
2015年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表


2015年4月15日
IDC Japan株式会社
2015年の国内クライアント仮想化導入率は35.8%(全社導入、部分導入、試験導入、導入予定含む)、昨年から12.6ポイント増加
ワークスタイル変革の実施状況は27.9%(「IT活用」「人事/労務施策」「ファシリティ改善」のいずれかに着手している割合)
2015年のBYOD/シャドーITを合算した導入率はスマートフォン44.3%、タブレット33.0%、モバイルPC 31.5%、携帯電話49.3%、携帯電話を除き2014年から微増

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化市場の動向について、2015年3月に実施したユーザー調査を分析した結果を発表しました。それによると、2015年のクライアント仮想化導入率は「全社導入」が11.8%、「部分導入」が14.5%、「試験導入」が4.8%、「導入予定」が4.7%でした。2014年と比較すると全社導入、部分導入、試験導入および導入予定を合算した導入率は12.6ポイント高くなりました。全てのステージで導入率は高くなっており、1社当たりの導入割合も36.4%(2014年)から40.5%(2015年)と増加しています。これは追加導入などを含む1社あたりの導入率が高まっている状況を示しています。

 

ワークスタイル変革の実施状況は、「全社的実施」が9.5%、「部分的実施」が12.5%、「試験的実施」が5.9%でした。これは調査対象企業全体の27.9%が「ワークスタイル変革」に着手、実施していることを示しています。「ワークスタイル変革」実現要素として「ITの活用」「人事/労務面での施策」「ファシリティの改善」があり、これら3点のいずれかを実施している企業を「ワークスタイル変革」を実施しているとみなしています。

 

2015年のBYOD/シャドーITの導入率はスマートフォン44.3%、タブレット33.0%、モバイルPC 31.5%、携帯電話49.3%で、2014年はスマートフォン42.3%、タブレット30.5%、モバイルPC 29.8%、携帯電話49.3%でした。2015年と2014年を比較すると、携帯電話は変わらず、他の3デバイスでBYOD/シャドーITの導入率は微増しています。BYODとシャドーITの内訳をみると、BYODの導入率は全てのデバイスで微増、シャドーITの導入率が全てのデバイスで微減となりました。これはシャドーITの状況を改善してBYODへ移行する傾向にあり、BYODに対する意識が高まってきていると考えられます。

 

「ワークスタイル変革に対する取り組みは進んでいる。その中でクライアント仮想化が活かされる局面が増えると考えている。ユーザー企業はこれを契機にエンドユーザーコンピューティングを企業IT戦略の要として、真剣に検討する時期が到来している」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの渋谷 寛は指摘しています。

 

今回の発表はIDCが発行した「2015年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査」(J15200102)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、国内クライアント仮想化市場の動向について、ユーザー調査を実施した結果を分析しまとめています。Web調査によって、クライアント仮想化の導入傾向を明らかにしています。

 

(※詳細については へお問い合わせ下さい。)


レポート概要はこちら   2015年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査



<参考資料>

ワークスタイル変革の実施状況: 2015年

Q. 御社のワークスタイル変革について、最もあてはまるものをお答えください。

ワークスタイル変革の実施状況: 2015年
Source: IDC Japan, 4/2015

 

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: