プレスリリース一覧         海外プレスリリース
2013年第1四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場規模を発表


2013年6月12日
IDC Japan株式会社
2013年第1四半期の国内携帯電話出荷台数は前年同期比5.9%減の956万台
スマートフォン出荷台数は前年同期比4.0%増の681万台
携帯電話全体、スマートフォン共にアップルがシェア1位、シャープが2位

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2013年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表しました。


これによると2013年第1四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比5.9%減の956万台となり、3四半期ぶりに1,000万台ラインを割り込む厳しい結果となりました。このマイナス成長の要因としては、国内通信事業者の販売奨励金戦略の見直しにより、端末販売台数が伸び悩んだこと、加えてスマートフォン需要の成長鈍化の兆候がみられることが挙げられます。スマートフォン需要に関しては、iPhoneは相変わらず好調な販売実績を維持していますが、一方でアンドロイドOS端末の出荷台数が落ち込んだことから、同四半期におけるスマートフォン出荷台数は、前年同期比で4.0%増の681万台にとどまる結果となりました。


携帯電話出荷台数(スマートフォンとフィーチャーフォンの合計)におけるベンダー別出荷台数シェアでは、アップルが28.2%の市場占有率を獲得して2四半期連続して首位の座を維持しています。シェア第2位と第3位に関しては、前四半期(2012年10~12月)と同様、スマートフォンの販売が好転したシャープと富士通がトップ3の座を堅持しています。また法人向け市場を含めて、フィーチャーフォン市場で安定した実績を維持しているパナソニックが第5位に入っています。


同期のスマートフォンにおけるベンダー別シェアにおいても、アップルが圧倒的な市場シェア(39.6%)をキープして首位の座を維持しています。2012年第4四半期(10~12月)で第3位であったシャープが順位を一つ上げて第2位に、そして「Xperia新シリーズ」が好調なソニーが第3位にランクされています。また、auKDDI向けの「Butterflyシリーズ」で販売増を記録している台湾HTC社がトップ5入りを果たしています。


今後の見通しに関しては「スマートフォン市場においては、半導体供給不足による影響で出荷台数が伸び悩んだ前年同期と比較して、2013年第2四半期(4~6月)は、リバウンド効果によりプラス成長を記録する可能性が高い。ただし、年後半にかけてスマートフォンの成長率が鈍化する可能性がある」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの木村 融人は述べています。


(※詳細については へお問い合わせ下さい。)




<参考資料>

図1. 2013年第1四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア
図1. 2013年第1四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア
Source: IDC Japan, 6/2013

図2. 2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア
図2. 2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア
Source: IDC Japan, 6/2013

報道関係の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)
マーケティング 津谷 拓夫
TEL:03-3556-4768 FAX:03-3556-4771
Email:
一般の方のお問い合わせ先
IDC Japan(株)セールス
TEL:03-3556-4761 FAX:03-3556-4771
Email:
URL:http://www.idcjapan.co.jp
 
IDC発行物の内容を引用する際は、IDCによる承諾が必要です。
引用をご希望の際は、IDC Japanの担当営業、または へお問い合わせください。
 
HOME 調査サービス 調査レポート イベント プレスリリース 会社概要 English site
Share: